ニュース

2022.07.15

【速報】日本空間デザイン賞2022 Shortlist(入賞)決定のお知らせ


Longlist (入選 327作品)の中から厳正なる二次審査を経て、
Shortlist (入賞135作品)が決定いたしました。 Shortlist作品の中から827日の三次審査にて金賞・銀賞・銅賞が決定し、金賞の中からグランプリであるKUKAN OF THE YEAR2022が選ばれます。

KUKAN DESIGN AWARD 2022
Shortlist (入賞135作品)はこちらから

<今後のスケジュール>

  8月27日: 三次・最終審査(金銀銅賞サステナブル空間賞 決定)
10月21日 贈賞式およびKUKAN OF THE YEAR 2021発表

なお、今回のShortlist受賞者の皆様には、昨年同様、ドイツのデザインアワード「iF DESIGN AWARD 2022」への応募特典をご用意しています。

iF Design Award 2023 応募 登録費用が免除され、また iF Design Award のプレセレクションも免除され、ファイナリストとして iF Design Award の最終審査に参加することが可能になります。昨年のパートナーシップ提携では、日本空間デザイン賞 2021 の Shortlist 受賞者 114 作品のうち、48 作品が この特典を利用して iF Design Award 2022 に応募し、そのうち約9割の 43 作品が iF Design Award 2022 受賞作品となり、さらにそのうち下記の2作品が iF ゴールドを受賞するという結果となりました。

→「日本空間デザイン賞 & iF DESIGN AWARD パートナーシップ提携 特設サイト」はこちら(現在ページ更新中のため、昨年度のページを掲出しております。)

日本空間デザイン賞2022 Shortlist受賞者へのiF DESIGN AWARD 2023応募時の特典●

  1. iF Design Award 2023 応募登録費用(250~450 ユーロ)が免除されます。
  2. iF Design Award 2023 通常の応募期間は 2022年5月13日から 2022 年11月10日ですが、この応募特典を利用する場合には 2022年10月13日までに応募を完了する必要があります。
  3. 日本空間デザイン賞 2022 Shortlist 受賞者が特典として応募可能なカテゴリーは「4.0 Interior Architecture」か「7.0 Architecture」のどちらかとなります。
  4. iF Design Award 2023 のオンライン・プレセレクション(デジタル審査)が免除され、応募登録完了時点 で iF Design Award ファイナリストとして認定されます。
  5. iF Design Award ファイナリストは最終審査費用 (200 ユーロ) が発生します。
  6. iF Design Award 受賞者 (最終審査後に発表) は受賞者費用 (4.0 及び 7.0 分野:1,800 ユーロ) が発生します。
  7. 上記最終審査費用及び受賞者費用は必須となり、登録完了後の取消はできません。
  8. iF Design Award ではランキングポイント制度を設けており、ファイナリストに5ポイント、受賞の際に 20 ポイント、ゴールド受賞の際に 100 ポイントが付与されます。このポイントは iF ランキングの算出基準となり ます。全ての受賞者は業界・地域・国に関する詳細な情報を備えた ifdesign.com ( https://ifdesign.com ) に 掲載されます。
  9. iF DESIGN AWARD最終審査終了後、合否に関わらず審査のフィードバックシートを提供します。

詳しくはiFDESIGN AWARD 2023の応募エントリーのウェブサイトをご覧ください。
https://ifdesign.com/en/if-design-award-and-jury

日本語の応募ガイド(PDF)はただ今準備中です。

引き続き日本空間デザイン賞2022にご注目ください。

日本空間デザイン賞 事務局
https://kukan.design